JPEN
お問い合わせ
IoT RELATED

IoT関連事業

車載やIoT向けのセンシング技術の発展に貢献します

主力製品である『光源装置』と『瞳モジュール』はCCD・CMOSイメージセンサの製造に欠かせない検査用装置・デバイスです。
これらの装置はイメージセンサの欠陥やスペックをより早い段階で把握することで、
イメージセンサの製造コスト削減、歩留まり向上や品質確保に貢献しています。

Illuminatorのイメージ
Illuminator
CCD・C-MOSイメージセンサ向け 検査用光源装置
光源装置は決められた性質の光を作り出してイメージセンサに照射する装置であり、品質検査に必ず必要な装置です。
光源装置から照射された光に対してイメージセンサから正常な電気信号が出ているかを測定することで、不具合を検出することが可能です。光源装置は顧客の要望に応じて、個別にカスタマイズをして提供しています。
インターアクションの光源装置の強みは光学的な技術だけではなく、機械に関する技術や電気に関する技術を含めた複合的な根気強いアプローチにより、顧客の持つ問題に効果的な解決策を提示できることです。インターアクションの技術やカスタマーサービスは高く評価されており、光源装置における世界シェアはトップです。
Pupil lensのイメージ
Pupil lens
モバイル用イメージセンサ向け 瞳モジュール
瞳モジュールはカメラのレンズ部分を再現した製品です。検査に使用することで、検査の段階においてイメージセンサが実際に使われる環境の再現をすることが可能であり、その環境下で決められたスペックを発揮できているか検査することができます。スマートフォンに搭載されているカメラの場合、多くはスマートフォンのモデル毎にレンズの枚数や形状が異なるため、瞳モジュールはそれぞれのカメラレンズの仕様に合わせて都度設計されます。
瞳モジュールは従来の品質検査に必須の製品ではありませんが、歩留まりの向上や品質保持に大きく貢献しています。
また、インターアクションのオリジナル製品であり、光源装置に次ぐ主力製品となっています。

CCD・C-MOSイメージセンサについて

イメージセンサとは…

レンズから取り込んだ光(画像)を電気信号に変換する半導体です。
人間の眼でいう網膜に相当する部分で、その性能がデジタルカメラ等で撮る写真の画質を大きく左右します。

CCD・C-MOSイメージセンサのイメージ CCD・C-MOSイメージセンサのイメージ
  • イメージセンサには、画素(ピクセル)と呼ばれる、光を電気に変換するものが、基盤の目のように格子状で並んでいます。

2000万画素には2000万個の画素が並んでいます。

  • この画素に欠陥があると、表示画像に不具合が生じてしまいます。そのため、画素の良品・不良品を判断するための検査が重要となります。

イメージセンサ製造工程

イメージセンサ製造工程のイメージ

CONTACT

メールでのお問い合わせ

営業目的のお問合せについては、
返信できかねる場合がございます。
予めご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

製品情報等についてのお問合わせは、
メールにてお願いいたします。

IR関連について
045-263-9220(代表)
受付時間:平日 9:00〜17:00 (土日祝除く)

 

ホーム > 事業内容 > IoT関連事業